toggle
2018-10-11

ランニング時の小物収納は「ウェストバンド」が快適過ぎてコレ1択。

走っている時は全神経をランニングに集中したい。これはもうゼッタイ、みんなそうですよね。逆を言うと「走ること以外の余計なストレスをいかに無くせるか」が快適で楽しいランニングを実現するコツなのですが、ウェアやシューズの他に、非常に重要なアイテムがあります。それは「小物入れ」。今時「スマホ」を持たないで走りに出かけるランナーは0.1%もいなのではないかと思いますし、他にも「家の鍵」や「電子マネー」など携帯しておくべきアイテムというのは意外にもたくさんあります。そんな時、普通に思い浮かべるのは「腰に巻く」タイプのウェストバック/ポーチですね。でもこちら、キツく締めすぎると不快だし、緩すぎるとブレてストレスになります。大抵出し入れはファスナーを開けたり閉めたりしないといけないので意外とそれもストレスです。そんなランニングに付きものなストレスを一発で解消するのが「ウェストバンド」なのです。



一押しウェストバンドは「HipSter」

ウェストバンド型のアイテムはいくつかありますが、最もオススメはアメリカ生まれのランニングブランド「ネイサン(NATHAN)」の「HipSter」というモデル。ゴムの伸縮性や耐久性、シンプルなデザイン。どれをとっても1枚上手な印象です。ウェストバンドがいかに優れているかは上の動画を見れば一目瞭然ですが、もう少し説明しますね。

「巻く」のではなく「履く」からブレない

装着時は腰に巻くのではなく履いて装着します。着脱部分が無いのでその分不要な結合部分が無く、腰全体にフィットします。伸縮性のあるバンドが腰にフィットして、360度均等に圧がかかるのでウエストバッグのように特定の部分がキツく締めすぎて痛いなどがありません。初めて装着して走り出したら絶対にそのフィット感に感動すること間違いなしです。

4つのポケットにたくさん入る

ポケットは前後左右に合計4つ。スマホ、鍵、電子マネー、その他。みたいな使い分けが簡単にできます。しかも伸縮性があるので頑張れば小さいペットボトルやアウターも収納可能です。腰回りは体の重心となるので、何か物を付けるには重心に近い方がもっともブレずに良いです。腕につけるスマホケースなどもありますが、重心に近い腰が一番。ここにたくさん収納できるウェストバンドをオススメします。

ファスナーのストレスが無い

HipSterはファスナーがありません。折り重なるような構造でファスナーなしでも物が外に飛び出ることはありません。ファスナーがないのでランニング中に開け閉めのストレスが無いのがびっくりするぐらいに快適です。

サイズはXSからXLまで

伸縮性があるとはいえ、腰回りのサイズは人それぞれ。HipSterもサイズはXSからXLまでそろえています。少し小さめのサイズを買った方が適度な締め付けがありしっかりブレずに機能するのでオススメします。

出展:https://www.amazon.co.jp/

最後にお勧めは「SIMPLE HYDRATION」との併用

ウェストバックは「給水用ボトル」やペットボトルが挿入できるタイプも多いですが、これも大変にブレてしまうのですよね。そこでこのウェストベルトタイプのものに「パンツにひっかける」タイプのランニング用給水ボトルの「SIMPLE HYDRATION」を組み合わせるのが正解です。

出展:https://www.amazon.co.jp/

Please Follow us!



関連記事