toggle
2019-12-19

5000万人が使う世界No.1の瞑想アプリ「Calm(カーム)」で初心者でも手軽にマインドフルネスを手に入れる

calm

瞑想(マインドフルネス)は心身へのポジティブな効果が科学的に証明されはじめ、世界中のエグゼクティブやストレスに悩む人々が日常に取り入れ始めています。日本では新興宗教などのネガティブなイメージもあってまだ人によっては「瞑想」と聞くとちょっと怪しげな顔をする人もゼロでは無いですが、徐々にその効果や瞑想を取り入れたライフスタイルが当たり前のものとなってきている胎動を感じます。自らの呼吸や動きに週ちゅすることによって雑念を払い、極度の集中とリラックス状態に到達するそのプロセスは「ランニング」とも相性が良く、ランニングを日常的にストレス発散として楽しむランナーの中には明確にそのマインドフルネス効果を感じている人も少なく無いのが現状です。とはいえ、初心者にとってはとっつきにくい瞑想の世界。手軽に始めるとっかかりとしては、やはりスマートフォンのアプリを活用した「効果的な補助」が欠かせません。今回はそんなマインドフルネス瞑想を効果的にサポートする、全世界で5000万人が愛用するNo.1瞑想アプリ「Calm(カーム)」に関してご紹介します。




瞑想アプリ「Calm(カーム)」っていったいどんなアプリ?

百聞は一見にしかず、まずはこちらの2分弱の紹介動画をご覧ください。

日常はストレスに溢れていますね。そんな時、アプリ一つで安らぐ世界に「音声コンテンツ」で誘ってくれるのがこのアプリの特徴。他の多くの瞑想・マインドフルネスアプリがそうであるように、このCalmもいわゆる「音声ガイド」のアプリです。イヤフォンやヘッドフォンを装着し、アプリから様々なコンテンツを選び、そのコンテンツの音声ガイダンスに沿って簡単に瞑想を取り入れることができます。

Calmアプリの各種機能の紹介

とにかく瞑想の世界に没入できる様々な「音声コンテンツ」が大量に用意されているのがこのアプリの特徴。それぞれのカテゴリ別に簡単にレビューします。

Meditate(瞑想)

このアプリの中心となるのは当然メディテーション(瞑想)のプログラム。アプリの中心コンテンツとしてこの瞑想に関する様々な種類の音声コンテンツが短いものでは3分から用意されています。

いきなり瞑想といっても、とっつきにくい人もいると思います。坐禅を組んで、背筋を伸ばしてじっと集中するのはなんだかハードル高いですよね。しかしこちらの「Mindful Walking」のように「歩きながら」行う瞑想もあります。

一口に瞑想といってもその種類は様々、音声コンテンツの中から自分に合った取り入れやすいスタイルのものをまずは試してみるのが良いでしょう。

Sleep(睡眠)

瞑想コンテンツと並んでこのアプリで人気なのが睡眠コンテンツ。つまり、睡眠時に聴くコンテンツですね。なかなか寝付けない、そんな人にぴったりな「入眠コンテンツ」が大量に配信されています。中には有名ハリウッドスターが朗読するコンテンツがあったりなかなか聞き応えがあります。

このようにコンテンツは大量に配信されています。都度新作もアップデート。

子供向けのコンテンツ、ちょっとした昼寝向けのコンテンツなど様々。今じわじわ盛り上がっているASMR系のコンテンツもあります。自分にあった入眠コンテンツを選んでくださいね。

Music(音楽)

リラックス、ヒーリングという観点では音楽も欠かせませんね。

こちらも自然音から季節にあったものまで様々なコンテンツが用意されています。

継続のモチベーション

瞑想は毎日少しでも良いので継続することが大事。アプリのマイページではそんな「継続」のための工夫がたくさん。毎日しっかり継続していればその成果や努力が一目瞭然。地味ですが、こういった気遣いが毎日のモチベーションになりますね。

Calmアプリの重要なポイント

アプリを利用するにあたって、いくつか気をつけるポイントがあります。

有料コンテンツ

一部コンテンツは無料ですが、有料のコンテンツも多くあります。無料でも十分楽しめますが、少し試してみて自分に合うようでしたら有料コンテンツも検討するというのが良いのでは無いでしょうか。

英語版のみ、日本語対応無し

コンテンツを含め、全てが英語での表記、音声ガイドになります。瞑想ガイダンスをしっかり正確に行いたい場合英語のリスニングスキルによっては難しいものもあるかもしれません。睡眠・入眠コンテンツはむしろ低く優しい英語の朗読がBGMとして心地よさを覚えると思いますよ。

Calmアプリのダウンロードはこちらから





Please Follow us!
関連記事