toggle
2020-05-13

ランニングしながら〇〇…走る時間を有効活用する10つの神アイデアでコロナを乗り切ろう

ランニングしながら〇〇...走る時間を有効活用する10つの神アイデア

新型コロナウィルスの感染拡大における緊急事態宣言で外出が制限され、リモートワークや在宅ワークでの運動不足、いわゆる「コロナ太り」に悩まされている人が増えていますね。そんな中で、外出においても制限されていない「ランニング・ジョギング」を始めたり日常生活に取り入れる人が増えています。新しく始める人が増えているランニング、そんなランニングをもっと日常生活でフル活用するためには、「ランニングをしながら〇〇」といった運動の時間と他の時間を一緒にしてしまうライフハックをオススメします。特にジョギングなどちょっとゆっくりペースで淡々を走る場合は意外と暇だったりするんですよね。そんなある意味空いている時間や身体を使ったアイディアを10つ紹介します。




ランニングをしながら読書

ランニングをしながら読書

走りながら音楽を聴く人も多いと思います。走る時のモチベーションアップに、リラックスするために、色々なパターンがありますがこの「耳」を使った時間の有効活用アイディアは特に「ランニングをしながらハック」にオススメです。

在宅ワークの増加により通勤時間が減り、運動のみならず「読書」の時間が減った人も多いのでは。そんな「運動」と「読書」を一気に解消できるのが「ランニングしながら読書」です。
話題の新書も含めて大量の朗読(機械ではなく人の朗読で違和感ゼロ!)コンテンツが揃っているのはAmazonならでは。故に「ランニング × Airpods × 読書(Audible)」は最強です。

Amazonが提供する書籍の朗読サービス「Audible」なら30日間の無料体験ができます(無料期間に解約すれば課金は発生しません)。コンテンツが納得いかなければ返品もできます。まずは今すぐ無料登録してAirpodsとともにランニングの効果を最大限味わいましょう!
より詳細なレビューはこちらをぜひ読んでみてください。

ランニング中に読書で最強の時短を実現!Amazonのオーディオブックサービス「Audible」はジョギングのお供になぜ最適なのか?

↓↓↓ バナーから無料会員登録 ↓↓↓

ランニングをしながら英語・語学学習

先ほどの「ランニングをしながら読書」と同様に「耳」を活用してリスニングの時間にあてたり、シャドーイングといった発音練習にもランニングはオススメです。シャドーイングは通勤など人前ではなかなか恥ずかしくてできないですし、一人の時間を確保しないといけません。そこでランニングしながら耳で英語を聞いて、口で発音するというシャドーイングの練習にはもってこい。ましてコロナ環境下でマスクの着用がエチケットとして求められていますので、すれ違うランナーや人たちに対しても口元を隠せて一石二鳥ですね。英語学習に関してはポッドキャスト等も充実しています(こちらの記事を参照)ので、ぜひ走りながら耳で英語を聴いて、口で発音して、「ながラン」をフル活用してください。ランニングしながら英語・語学学習は超オススメのライフハックです。

ランニングついでに筋トレ

ランニングで走っている途中に公園をみつけたり、ちょっと休めるベンチを見つけたり。そんな場所で「筋肉トレーニング」をしてみるのもオススメです。腕立てをやったり、懸垂をしてみたり。有酸素運動と筋肉トレーニングをセットで行うことによって効率的に身体を鍛えることができますね。特定のコースやルートがあれば、そこで「ここの公園に必ず寄って腕立てを20回3セット行う」というマイルールを作ってみるのも面白いです。単調になりがちなランニングですから、そうやって変化をつけたり新たなルールを追加してみると面白いですよ。

ランニングついでにダイエット

ランニングついでにダイエット

ランニング自体が有酸素運動で代謝アップしダイエット効果があるのはもちろんですが、先ほどの筋トレと同じなのですが有酸素運動とセットにすると筋トレした箇所の脂肪が燃焼しやすくなります。例えばお腹周りが気になる人は20〜30分のジョギングの後に腹筋をやることでお腹周りの脂肪を効率的に燃焼させることができます。走るついでに部分痩せでコロナ太りを解消しましょう。

ランニングついでにマインドフルネス(瞑想)

日々のストレスや雑念から開放されるために瞑想を日常生活に取り入れる人が増えています。これは「マインドフルネス」という概念で最近は呼ばれていて、アメリカはシリコンバレーのグーグル社が科学的にその効果を検証・実証して従業員のメンタルヘルスや業務改善のために積極活用しはじめたことが大きなブームの発端となっています。そんな瞑想・マインドフルネスはランニングとの相性がとても良いです。そもそも走る以外はやることがないのでスマホなど雑念を無しに「今ここに集中する」ということに適しているのです。さらに最近では音声ガイダンスを活用した専用アプリも登場していますから、そういったものを活用して「ストレス解消」の効果をさらに高めてみるのも良いですね。

参照|ランニングと瞑想・マインドフルネスの関係/やり方を優しく解説

ランニングついでにオンライン会議

在宅ワークでオンライン会議を実施する機会が増えたと思います。会議やミーティングをするメンバーの理解が必要ですが、例えば映像の共有は無く音声だけで参加し、かつ自分の発言機会が少ないような会議ではそっと外出して散歩しながら参加したり、息が激しくきれない程度のジョギングで参加するのも運動の時間を有効活用するテクニックです。

ランニングついでに一人会議、ブレーンストーミング

パソコンやチャットから離れて、一人の時間でゆっくり考え事をしたり企画を練ったりする時間はなかなか作れないものです。そんな時は強制的に一人の時間を作ってしまうのがポイント。お風呂で湯船に浸かったりしながらも良いですが、ランニングをする時間をそんな「ひとり会議」の時間にあててみてはいかがでしょうか。特に走ったり運動している状態は「脳がポジティブ」になって良いアイディアが浮かんだりすることが多いようです。思いついたアイディアは忘れないうちにスマホにメモしたり、iPhoneであればSiriに話しかけてメモしてもらったり、仕事のパフォーマンスアップにもランニングする時間をむしろ積極活用してみてはいかがでしょうか。

ランニングついでに買い物へ

近所に買い物に行く時、徒歩や自転車でサッと行く人がほとんどですよね。5分や10分の短い時間でも、動きやすいウェアやランニングシューズで軽くジョギングしながらお買い物に行くのも時間の有効活用としてオススメです。
エコバックを忍ばせて、帰りはゆっくり歩いたり早歩きでも良いかもしれませんね。

ランニングついでに近所を散策

意外と自分が住んでいる街にも知らない場所、発見があるものです。普段は車や自転車、電車やバスなどで通り過ぎてしまうところや、ずっと気になっていたあの路地、お店。そんなところにふらっと「走り寄る」ことができるのがランニング・ジョギングの魅力です。実は素敵なパン屋があった、こんな清々しい気持ちになれる神社やお寺があった。そんな発見をランニングのついでに。

目的地への移動を、ランニングで

先ほどの買い物やご近所散策と同様ですが、目的地への移動手段に「ランニング」という選択肢をあらためて入れてみるのはいかがでしょうか。電車、バス、自転車。当然遠ければ遠いほど効率的にも体力的にも走っていくのは難しいですが、慣れれば5kmや10kmの道のりは淡々と走った方が運動不足解消になりつつ節約、場合によっては電車やバスを待つ時間を考えると時間短縮になります。ましてコロナの影響で「3つの密」を避ける新しい生活様式へ移行していますから、電車やバスなど場合によっては密集、密閉する場所は避けたいですよね。移動手段に、「走る」という発想を追加してみましょう。

最後に|朝ランをもっと楽しくする5つの神アイディア

この記事を最後まで読んだ方にオススメなのがこちらのエントリー。
特に朝ランをもっと楽しく継続したい人のためのランニングハックです。

早朝ランニング・ジョギングを10倍楽しくする神アイデアを厳選して5つご紹介

Please Follow us!



関連記事