toggle
2018-05-18

今ドキのランナー50人のホンネ|愛用のランニングシューズ編 – NIKE Zoom Fly(ズームフライ)が圧倒的支持



お陰様でrunstagramer(ランスタグラマー)として紹介してきたランナーの方々が50名を超えました。皆さんの素敵な写真と共に、事前アンケートに答えて頂いた内容とセットで記事にして参りましたが、折角なのでいくつかの切り口でそれらを集計して紹介したいと思います。今回は「ランニングシューズ編」。果たして、今ドキのランナーのランニングシューズ事情や、いかに。




ランニングシューズ

お気に入りのランニングシューズは?との問いに対する集計結果がこちら。Instagramを眺めていると、日本のみならず世界中で本当によく目にするNIKEのZoom Fly(ズームフライ)。やはり今回の集計結果でも他のランニングシューズを圧倒する形で最も支持を集めました。

いわゆる厚底ランニングブームの火付け役となったナイキのズームフライ、その機能性に関してはもはやこちらで語るまでもないですが、ズームフライがランスタグラマーに支持されるもうひとつの理由は、やはりそのデザイン性。ダイナミックにつま先からサイドへ大きく伸びるスウォッシュ、印象的にアッパー素材に配備された縦のメッシュ群、かかと部分におけるディティールへのこだわりやデザイン的なインパクト、絶妙な配色とカラーバリエーション。などなど挙げたらキリがないぐらい、その魅力を存分に伝える専用のアカウントも登場しているのが、その実力を物語っていますね。

売り切れ続出で入手困難になっている状況もまた、我々ランスタグラマーを魅了する一つの要因になってるかもしれませんね。

ランニングシューズ メーカー別

シューズ名への言及な無かったものの、メーカー/ブランド名で集計したのがこちらのグラフ。やはり圧倒的な人気を誇るのがNIKE。ランニング関連のグッズは実際多いですが、ランニングシューズという観点だけでもこれだけ他社を引き離しているのは流石としか言いようがありませんね。NIKEはシューズやウェアに限らず、NIKE+ RUN CLUBを通じたコミュニティ作りなどの観点からも、非常にランニング市場におけるブランドをうまく構築していると言えますね。

次いで人気を二分するのが「asics(アシックス)」と「adidas(アディダス)」。どちらも根強い人気を誇るシューズメーカーですが、次に躍進している「ON」の存在も見逃せませんね。新興のスイス発のランニングシューズメーカーはそのシューズのクッション性/反発性とデザイン性の観点から着実に日本においてもユーザーの裾野を広げています。

Kenji Tomitaさん(@lifeisruuunning)がシェアした投稿


最後に

5年も前は、これほどまでにNIKE一強では無かったように思います。ズームフライの大ヒットと、着実なランニングコミュニティ作りが同時に実を結んでいる印象ですね。ランスタグラマーが100名を超えたら、またあらためて集計してご紹介したいと思います。



Please Follow us!
関連記事