toggle
2020-05-21

ランニング中に聴きたい名曲|J-POP神プレイリスト【Amazon Music編】

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【Amazon Music編】


ランニング中に音楽を聴く派の人は、もちろんランニング用の「マイベスト」的なプレイリストがあると思います。

大好きな音楽を聴いて走る。もしくは、走るテンションをとにかく高めてくれる音楽を聴きながら走る。そんな「ランニング」と「音楽」は切っても切れない関係なんじゃないかと思います。

ただ、いつも聴いている楽曲やプレイリストばかりだとどうしても飽きてしまったり、マンネリを感じることがありますよね。今はApple MusicやSpotifyなど、何万曲も抱えた音楽ストリーミングサービスがしのぎを削っているので、そんなサービスを利用してマンネリを打破してみるのは如何ですか?

そこで、今回はやっぱり定番「J-POP」と「Amazon Music」の組み合わせで、ランニングを10倍気持ちよくする楽曲やアーティスト、アルバムをご紹介。そして最後に、珠玉のプレイリストを組んでみたいと思います。

1. GLAY

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【GLAY】

最近こちらのCMで胸が熱くなった人も多いんじゃないでしょうか。青春時代をGLAYと共に過ごした人たちにとっては味わい深いCM、久々にどっぷりGLAYに浸かりたくなりましたね。

GLAYの最新ベストアルバム「REVIEW II ~BEST OF GLAY」をはじめ、最新のアルバムや楽曲が多く配信されています。もちろん名曲「HOWEVER」「誘惑」「口唇」「Winter,again」など大ヒット曲盛りだくさん。どれをプレイリストに入れるか、本当に迷ってしまいますね。ランニングのテンポに合う定番ロックナンバーの中から、スタートダッシュを決める1曲目はこちらをチョイスしました。

2. サザンオールスターズ

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【サザンオールスターズ】

思わず潮風を感じる、青い空と海を思い浮かべながら夏の空気を疾走する。そんな妄想ランニングにぴったりなのがサザンことサザンオールスターズ。
ベストアルバム『海のYeah!!』は350万枚も売り上げた超ベストヒットアルバムですが、そんなキラーアルバムとともに多くの楽曲が配信されています。サザンのサブスクリプションサービスへの配信解禁は話題になりましたよね。もちろん、今回のランニングプレイリストにもラインナップです。ランニングとサザン、チョイスするなら、候補はたくさんありますが、新たな日を追い求めながら疾走できるあの曲でしょうか。

3. 浜崎あゆみ

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【浜崎あゆみ】

サザンで夏を感じたところで、夏が似合うヒットチューンを立て続けに行きたいですね。さて、次にチョイスするのは「一度天下を獲った」と言っても過言では無い平成の歌姫、浜崎あゆみです。Ayuの曲もベストアルバムを中心に配信されているので一度は聴いたことがあるだの大ヒット曲が全部揃っています。浜崎あゆみもヒット曲だらけなので選曲がかなり難しいですが、サザンのバトンを受けて潮風を感じるあの曲で爽快に走り抜けましょうか。明日晴れたら、あの海へ走りに行こう!

4. Mr.children

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【Mr.children】

続いてこれまた大御所中の大御所、ミスチルことMr.children。こちら「Atomic Heart」「BOLERO」などの往年の名作アルバムからベストアルバム、最新曲までもこれでもか!というぐらい大量の楽曲、珠玉のアルバムが配信されていますので選曲が難しすぎます。ついつい聴き入ってしまって選曲が全く進みません。しかし、大ヒットシングルではないですが、ミスチルで「ランニング」と言えばこの曲。ランナーなら一度は味わったことのある、もしくは味わってみたいあの「ハイ」がタイトルの曲ですね。

5.宇多田 ヒカル

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【5.宇多田 ヒカル】

ミスチルで上げたテンポ、「ハイ」になったその感覚を落とさずにこのランニングプレイリストで最後まで駆け抜けたいですね。ここは引き続きアップテンポで走るリズムを加速してくれそうな楽曲を。続いてはもう一人の平成の歌姫「宇多田ヒカル」。宇多田ヒカルの圧倒的な記録としては名盤「First Love」770万枚の売上でオリコンの歴代ランキングでも歴代最高位。他にも名曲揃いの大量配信をしているAmazon Musicですが、今回はあえて「First Love」の中から最もアップテンポなナンバーを。

Nothing’s gonna stop me!

で叫びましょう!

6.MONGOL800

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【6.MONGOL800】

小気味良いギターサウンド、ドラムのビート、走る背中を嫌が応にも後押ししてくれる楽曲はやっぱり定番ロックナンバーですね。沖縄の風に吹かれて、沖縄出身のロックバンド「モンパチ」をチョイスしましょう。インディーズならがら異例の300万枚近いアルバム売上を記録した名盤「MESSAGE」を持っていた人も多いのでは無いでしょうか。そんなモンパチの走り出したくなる曲と言ったらもうあれしかないですね!響け、恋のうた!

7.BUMP OF CHICKEN

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【7.BUMP OF CHICKEN】

イントロでもう走り出すのが抑えられない定番のJ-POPと言っても良いでしょう。そんな「あの曲」をチョイスしたいからBUMP OF CHICKENが後半戦にラインナップ。こちらも青春の楽曲揃い!でも今回はノールックであの曲に。午前二時に走り出すのは辛いですが、見えないモノを見ようとしながら自分なりの「夢」を追いかけたいですね。

8.ポルノグラフィティ

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【8.ポルノグラフィティ】

まだまだ現役のポルノグラフィティ。ボーカル岡野昭仁のハイトーンボイスはランニングのテンションを上げるのにピッタリではないでしょうか。特に初期の「アゲハ蝶」「サウダージ」など感涙の名曲を聞き入ってしまいますが、ポルノの楽曲でランニングのテンポにあう定番のヒット曲は迷わずこのメジャーデビュー曲!この後も一発屋の懸念を払拭するぐらい爆売れしたポルノグラフィティ。彼らの推進力を、僕らのランニングにも!

9.THE YELLOW MONKY

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【9.THE YELLOW MONKY】

ラスト2曲、そろそろゴールを見据えながらラストスパートにぴったりの名曲J-POPをチョイスしていきます。2016年に再結成した超クールなジャパニーズロックバンド「イエモン」ことTHE YELLOW MONKYの軽快なビートで後半もランニングをスパークさせたい!ですね。

10.安室奈美恵

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【10.安室奈美恵】

2018年惜しまれながら引退した「アムロちゃん」こと安室奈美恵にラスト一曲を飾ってもらいましょう!名盤「SWEET 19 BLUES」から超定番ヒットナンバーまで全て配信されているのでもう選曲の難易度はMAXですね。そんなヒットナンバーの中でもラスト1曲は最後まで駆け抜けるユーロビートで!

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【Amazon Music編】

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト

  1. 誘惑|GLAY
  2. ミス・ブランニュー・デイ|サザンオールスターズ
  3. July 1st|浜崎あゆみ
  4. ランニングハイ|Mr.children
  5. Movin’on without you
  6. 小さな恋のうた|MONGOL800
  7. 天体観測|BUMP OF CHICKEN
  8. アポロ|ポルノグラフィティ
  9. SPARK|THE YELLOW MONKY
  10. TRY ME|安室奈美恵

実際のリストはこちらのリンクから見ることができます。

今なら3ヶ月無料のAmazon Music Unlimited

最後に、今回紹介した楽曲は全て「Amazon Music Unlimited」に登録すれば聴き放題。

しかも今なら月額980円(Amazonプライム会員は780円)が3ヶ月無料で楽しめちゃいます。もちろん登録してみてあまり使わなければ無料期間のうちに解約してしまえばok!
ただ、今回紹介した楽曲は大量に配信されているJ-POPのほんの一部なので、毎月この金額でこれだけ聴き放題なのは正直安いです。ぜひ一度登録して大量のJ-POPでランニングのテンションを上げまくってください!

3ヶ月無料体験はこちらから
↓↓↓



Please Follow us!
関連記事