toggle
2018-04-27

インスタグラムがランニングカルチャーを拡張させる?インスタグラマーとランナーの相性が良い理由


私は定期的に走ること、つまりランニングが人間にとって身体にも、心にも良いことを実体験として実感しています。何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、今マインドフルネスなどが身体と心の休息、脳と身体の繋がりと健康など色々な観点から注目されているように、「ランニング」そのものはもっと多面的に評価・推奨されていいスポーツ、いやスポーツや趣味の域を超えて、ぜひ取り入れるべきライフスタイルであると信じています。
今までは記録のために、マラソン完走のために、もしはダイエットのために。走ること自体が何かの目的を達成する手段として用いられることが多かったのですが、もっともっと走ること自体、ランニングそのものが目的として、生活の一部として、日常の空気のように存在するものになれば良いなと思っていますし、実際そいう人が増えてきているようにも実感します。
そんなランニングカルチャーをある意味拡張させていく上で、ひとつ大きな後押しとなっているのが各種ソーシャルメディア、特にInstagram(インスタグラム)の存在なのではないかなと思います。インターネットの登場、そして自らコンテンツを発信できるソーシャルメディアやブログの台頭によって圧倒的に我々人類の自己発信の機会が増えましたが、特にインスタグラムがランニングカルチャーにとって相性が良いいくつかの理由をあらためて考えてみたいと思います。




ハッシュタグひとつで、世界中のランナーと繋がる

Alissa Coffmanさん(@alissamwc)がシェアした投稿

インスタグラムの特徴は、

・ハッシュタグを通じて、趣味/興味で世界中の人と繋がる
・写真がメインなので、言語の必要がない

私自身、サービスのリリース直後(2010年)からインスタグラムを愛用しているのですが、ハッシュタグや検索の仕組みが徐々に整備されればされるほど、世界中のランナー/トレイルランナーと気軽に写真を通じて、共通の趣味を分かち合えることに興奮を覚えました。

そして、そんな世界中のランナーをインスタグラムを通じて辿っていくと、いかに世界中でランニングというものが楽しまれているか、愛されているか、多様に生活の一部として取り入れられているかが手触りを持って伝わって来ました。人の身体と、心と、として大自然を繋ぐ走るとこういうの奥深さを感じたのですよね。

オシャレにハイテクに進化し続けるランニングシューズ、ウェア

現代人を語る上で、ライフスタイルというキーワードで語る上で、身に付けるものやファッションは切っても切り離せませんね。日本ではここ10年でランニングブームが起こり、シューズならびにウェアは圧倒的な進化を遂げました。もちろん、東京マラソンを中心としたら各地のマラソン大会、都心のランニングステーションの勃興などがそれを加速させました。

大昔であればランニングやマラソンはマニアックで、趣味としては地味でおじさんのものみたいなとこもありましたが、女性ランナーの増加やNIKEやadidasといった海外メーカーのファッショナブルな新ラインの増加によって、よりカジュアルでライフスタイルに取り込みやすい形にランニングのハードルが下がっていきましたね。

そういったランニングの一面をオシャレに切り取り、加工し、投稿することによって自分をより自分らしく彩っていく、そんな自分を通じて同じランニング軸で日本中、世界中とランナーと気軽に繋がれるプラットフォームとしてインスタグラムが重宝するわけですね。

テクノロジーが、ランニングの記録を記憶へ昇華させる

Kenji Tomitaさん(@lifeisruuunning)がシェアした投稿

スマートフォンの登場が、ランニングに革命をもたらしました。今までは専用のランニングウォッチがなければ計測できなかった走行距離やスピードが、手元のスマホとアプリでいつでも簡単に計測することができるようになりました。

ここでもその革命を牽引し、いまだにたくさんのランナーに愛されているのがNIKE RUNNING CULBのアプリ(以下NRC)ですね。

このアプリが革新的だったのはその計測機能だけではなく、その走った記録(ログ)をオシャレに写真のフレームやスタンプとして加工できるようにしたことです。これによってインスタグラムにランニングの記録を投稿するランナーが爆増しました。

実際、ランスタグラマーで紹介させて頂く方々でもNIKEの支持者、そしてNRCの支持者が圧倒的に多いです。

また、こちらのエントリーでも紹介させて頂いたように、さまざまなデバイスからのランニングログを取り込んで写真の加工だけに特化したオシャレなアプリも登場しており、オシャレに走った記録をインスタにシェアすると言う流れを加速させていますね。

WorkoutSnap : インスタ映えするランナー向けのスタンプや距離/タイムを表示できるオシャレ写真加工アプリ

===

ざっと走り書きましたが、以上の3つが今までのソーシャルメディアではなくインスタグラムがランナーやランニングカルチャーの拡張に特に一役かっている理由なのではないかと思います。
こうやって走ることがより多くの人に、もっとカジュアルに楽しんでもらえるように、その結果身体も心もハッピーになってよりみなさんの人生が豊かなものになることを、微力ながら応援していこうと思っています。



Please Follow us!
関連記事