toggle
2022-06-07

2022年秋にAppleWatchでランニング中の姿勢角度や設置時間の測定・心拍ゾーンの設定が可能に

最終更新日 2022年6月7日

from Apple

現在開催中のApple社の開発者向けイベント「WWDC」にてAppleWatchのOSであるwatchOS9の新機能が発表されました。

runstagramerとして注目したいのはもちろん「フィットネス」関連の機能アップデートです。

ランニング中の姿勢や設置時間測定

watchOS 9では、加速度計と物体の角度や姿勢を計るジャイロスコープが大きくアップデートで向上するそうです。これにより、ランニング・ジョギング中の姿勢角度や歩幅の計測、さらに足の接地時間を計測できるようになるとのこと。これは楽しみなアップデートですね。

インターバルトレーニングや心拍ゾーンの測定など

それ以外のアップデートとしては、心拍数の特定ゾーンを指定できるようになるとのこと。これである一定幅の負荷で走るトレーニングを実施することができますね。むしろ過度な負荷を避けて、怪我を防止するにも役立ちそう。一定の心拍数を超えると休憩をおすすめされ、下回ったりすると再開をおすすめされるようです。また「カスタムワークアウトモード」では、運動と休憩のインターバルを組み合わせたワークアウトを作成できるようになるそうです。インターバルトレーニングの強い味方になりますね。

過去の記録と競う機能も

さたに前回の記録(もしくは自己ベストタイム)をを選んで競争も可能になります。設定された過去の記録より速いペース、または遅れている場合、さらにはコースから外れている時に、ウォッチから通知を受け取ることができるそうです。これも嬉しいアップデートですね。

トライアスロンにも対応

トライアスロン選手向けにスイミング、サイクリング、ランニングが自動で切り替わる「マルチスポーツ」が追加されます。ランナーだけでなくトライアスリートも嬉しいアップデートですね。

フィットネスアプリがiPhone用にも登場

ちなみにApple Watchの「Fitnessアプリ」、これ実はずっとApple Watchだけの専用アプリでした。しかし、今回のアップデートでついにiPhone上でiOSとしてもリリースされます。つまり、AppleWatchを持っていなくても、フィットネスアプリとiPhoneでランニング・ジョギングの計測ができてしまうということえですね。

秋のアップデートが楽しみです。

AppleWatchとランニングに関する記事

AppleWatchのランニング・ジョギング利用におけるレビューや、人気No.1のランニングウォッチ「ガーミン」との比較など他の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事