toggle
2020-06-13

梅雨の日のランニングはこう乗り切る!知らないと絶対後悔する裏技や雨対策と防水アイテム大特集

梅雨の日のランニングはこう乗り切る!知らないと絶対後悔する裏技や雨対策と防水アイテム大特集

2020年も秋・冬のシーズンに突入ですね。雨の日が続く日々に対する、ランニングの向き合い方って難しいですよね。雨に濡れて冷えた身体で風邪をひいたり、免疫力を下げてしまってはコロナ禍の昨今では心配な方も多いと思います。はっきり言って、

”雨の日 × ランニング”

の向き合い方に正解はありません。

  • そもそも雨の日でも走るべき?
  • 防水グッズなど雨のランニングを乗り切る方法は?
  • せっかく継続していたランニング、雨で途絶えてどうしよう…
  • そんな疑問や悩みを抱えてこの記事を読み始めた人も少なくないはず。

    そこで、15年以上「雨の日 × ランニング」向き合い続けてきた私なりの対策や心構えを少しでも他のランナーさんに知ってもらいたいと思い、こちらに全経験を総まとめします。最後までぜひお楽しみくださいね。




    まず、雨の日は走るべきか?|雨とランニング

    まず、雨の日は走るべきか?|雨とランニング

    外は雨、明日は雨、起きたら土砂降り…

    「走るテンション」が一気に下がる「雨」ですが、そんな「雨の日」って走るべきなの?やめるべきなの?
    SNSを見ると雨の日でも結構走っている人、ガチなランナーさんが多いけど…

    正解は、「雨の日に走るかはあなた次第」です。

    そんな当たり前のこと、と言うかもしれませんが、まず「ランニング」そのもののスタイルは100人いたら100通りあって良いんです。雨でも走りたい理由、達成したい目標があれば構わず走ればいい。雨で気分が乗らない、そもそも濡れながら走るなんて考えられない、そんな人は雨の日は走らなければいい。

    この記事でも雨の日の対策や雨の日のランニングを楽しめるような心構えをこれから紹介しますが、まず最初に言いたいのが「走りたくなければ走らなくてもいい」ということ。雨の日でも絶対楽しく走れます!とは、言えないですよね。

    まずは自分の心に聞いてください。

    なぜ走っているのか、あなたにとってランニング・ジョギングとは何なのか。

    その上で、

    雨の日のランニング、自分はどうしたいのか?

    を自分の中で決めてください。そうすると、まずこの時期特有のもやもやがまずスッキリすると思いますよ。この記事を読み終わった後に、ぜひ一度自分の心に問いかけてみましょうね。

    「雨」「雨の日」をネガティブに捉えることをまず辞める

    「雨」「雨の日」をネガティブに捉えることをまず辞める

    次に伝えたいのが「雨」と言うものに対する心の向き合い方。「雨」ってどうしてもネガティブに捉えがちです。でも、なぜそう捉える必要があるのでしょうか。

    子供の頃を振り返ってみてください。雨って決して嫌なものではなかったはず。雨上がりの水たまりジャンプしたり、傘をさしたりカッパを着たり長靴を履いたり普段とは違うイベントが楽しかったり。

    雨の日の外を眺めてみましょう。草木はみずみずしく、恵の雨に喜びの声をあげていますよね。

    そう、まず「雨」は決してネガティブなものじゃない、そう思うところから始めましょう。

    例えば「雨には走らない!」と決めたひとは、「雨の日は休息日!」とポジティブに捉えておけば良いんです。

    晴れた日は走ると決める!|雨の日のポジティブな乗り切り方

    晴れた日は走ると決める!|雨の日のポジティブな乗り切り方

    例えばシトシト毎日続く「梅雨のシーズン」は雨と向き合う日々ですが、晴れない日が全くないわけではないんですよね。
    むしろ、雨の日が続く中にやってくる「晴れの日」は特別に嬉しくテンションが上がると思います。雨があるから、晴れの日が輝く。

    そんな、雨のシーズン時期の乗り切り方は「晴れたら走る!」と決めること。

    むしろ雨上がりのランニングは自然の匂いを全身で満喫できる良いチャンスです。暗めの日々に射す日差しのありがたみに感謝しつつ、走れることを全身で味わう。何気ない毎日のランニングより、梅雨の合間の晴れに走ることは本当に気持ちよく、あらゆるものに対して謙虚になれるとてもマインドフルな瞬間なんですね。

    雨の日にしかできないランニングを|シャワーランという考え方

    雨の日にしかできないランニングを|シャワーランという考え方

    「シャワーラン」という言葉、存じでしたか?

    SNSのハッシュタグで広まった雨の日のランニングを楽しむマインドセット。雨の日もあえて走る、シャワーを浴びて走るように楽しむ。そんなランナーたちの知恵や心構えを垣間見ることができますね。
    インスタグラム等でランニングを共有し、オンラインでランナー同士励まし合う人が増えています。そうやって、全国のランナーと雨の日もランニングを楽しむ。雨の日に走っているのは、自分だけじゃない。

    雨の日、シャワーランでしか味わえないランナー同士の連帯感。

    雨の日は、そう言ったものを楽しめる日だ!そう思ってしまうのも良い心構えだと思います。

    雨の日のランニングの注意点|滑りやすい路面、転倒・衝突事故によるケガに注意

    「シャワーラン」というマインドセットでテンションをあげて、でも雨の日のランニングは本当に注意してください。特に滑りやすいマンホールの上など着地の場所によっては転倒したり大怪我の危険性があります。

    また、雨の日はランナーはもちろんドライバーや歩行者も視界が悪くなり衝突事故の危険性が高まります。よく周囲を見ながら、自ら事故防衛するような心構えと身支度で走ってくださいね。

    特に防水のランニングシューズで、濡れや冷えの対策はもちろん、足元のグリップも確保しておくことが大事です。

    雨の日ならではのランニンググッズで非日常を味わう

    雨の日ならではのランニンググッズで非日常を味わう

    最近のランニングウェアやシューズの機能性は本当に素晴らしいです。汗や濡れの速乾性、シューズの防水性。そういった新しいギアを入手することで、機能的に雨の日のランニングを乗り切るのも効果的。

    どれだけ心が雨をポジティブに捉えても、濡れるものは濡れます。

    そんな雨の影響を最低限にするのに最も効果的なのは「防水ランニングシューズ」でしょう。数年前に比べ、ランニングメーカー各社「ウオータープルーフ(防水)」を銘打ったランニングシューズを発売しています。

    【オススメ防水シューズ①】ナイキエアズーム ペガサス36 シールド

    出展:https://www.amazon.co.jp/

    ナイキの「ペガサス」シリーズは初心者のファーストシューズとして、日々のジョギングのお供としてぜひおすすめしたいのがNIKEランニングシューズのロングセラーのど定番モデルです。36とついているのでなんと36代目。1年に1回モデルチェンジする定番中の定番。長年世界中のランナーに愛させるロングセラーはちょっとしたマラソン大会から日常のランニングまで幅広く対応してくれる優れもの。

    その人気定番モデルで機能性は間違いない「ペガサス」のシールドモデルがこちら。雨風を通しにくい撥水素材を採用した上で、踵にはリフレクターを採用することで、夜のランニングも安全に走る事が出来るデイリーランニングに超オススメしたいアイテム。撥水、暴風、視認性に優れ、雨の日や視認性の悪い夜もあわせてカバーできる優れもの。

    【オススメ防水シューズ②】ナイキ ズームペガサス”ターボ”シールド

    ナイキ ズームペガサスターボシールド

    出展:https://www.amazon.co.jp/

    2019年10月に登場したシールドシリーズの最新作にして足首まで守るハイカット仕様が最高に機能的でかっこいい「ペガサスターボ」のシールド仕様モデル。防水加工を施した外側の素材が足首までさらりとした状態にキープしつつ、縫い目を密閉して水の侵入を防止しています。さらにストラップでフィット感を自由に調整可能なのがランニングシューズとしては大変珍しい仕様。
    また、デザイン性やカラーが特に普段使いのオシャレシューズとして重宝する一足。公式サイトはで軒並み売り切れな人気シューズは、ネットでサイズがあればこの時期買いな365日、全天候型のランニングシューズです。足首までしっかり守りつつ、普段ばきもできるオシャレなデザインは完全無欠にオススメです。

    ・・・

    また、これ以外のオススメ防水・撥水シューズも紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

    ナイキの雨の日専用ランニングシューズで梅雨シーズンをオシャレでカッコ良く走り切ろう!

    ナイキの雨の日専用ランニングシューズで梅雨シーズンをオシャレでカッコ良く走り切ろう!

    防寒ランニングシューズ

    防寒/防水ランニングシューズ3選で寒がりランナーも冬や雨のランニングを乗り切ろう

    健康のための体のアフターケア、ランニングシューズのケアも大切に

    アフターケア、ギアも身体も走ったあとは大切に

    雨に濡れると身体が冷えてしまいます。特に秋や冬のシーズンは濡れたウェアがさらに体を冷やしてしまいますね。夏の時期も、濡れたウェアでクーラーの効いた部屋に長時間いるのはもってのほか。

    冷えこそは大敵。

    シャワーランも良いですが、雨の日のランニングで合わせて必ずしたいのが走った後の体のケアです。濡れたウェアはすぐに着替える、シャワーや湯船で身体を温める。そうやって冷えを最低限に抑える努力は絶対にしてくださいね。

    また、ウェアはすぐに洗濯する。シューズはしっかり乾燥させる。特に梅雨時期の湿気が原因で走った後の濡れたランニンググッズを放置しておくと匂いやカビの原因となります。次走るときに気持ちよく楽しむために、走った後は疲れているかもしれませんが身体をウェアのケアはしっかりやってから休息をとりましょうね。

    晴れの日のランニングより、身体もギアもケアするものが多いですが、雨の日のランニングはこの「ひと手間」をケチるとあとで絶対後悔します。 良い意味で特別な体験、特別なランニングだと思って、雨の日は丁寧に身体も、大事なアイテムもケアしましょうね。

    自然のありがたみ、恵みを全身で満喫しつつ、雨の日も変わらずランナーであり続けられることに全力で感謝しましょう!
    最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

    身体を冷やさない梅雨や夏、冬の時期に気をつけたいこと

    先ほど書きましたが濡れたウェアで身体を冷やしてしまうことがとにかく危険です。せっかく健康や身体のために走っているのに、身体を壊してしまうような走り方、楽しみ方をしていてはもったいないですね。特に雨の日のランニングと向き合うためには季節、四季をしっかり踏まえましょう。

    仮に体が冷えてしまったら、暑い夏でも「湯船」でじっくり身体を温めることをお勧めします。

    ランニングのリカバリに最適なお風呂・入浴効果

    さらにもう少し「お風呂」に関して、ランニングの観点から補足しますね。ランニングは身体を消耗させるアクティビティですから、しっかり休むこと以外に、積極的にリカバリーを心がけたいですね。

    手軽にできてしかも気持ち良いのがやはり「入浴」です。湯船にじっくり浸かることで体温があがり、血液の巡りが良くなります。するとランニングの負荷によって破壊、失われた栄養素が血流によって全身に行き渡り回復を早めるということですね。さらに脂肪を分解してエネルギーにする酸素の供給が入浴により活発に。血流の促進は、溜まった老廃物の排除にも繋がりますから、入浴は良いことづくめです。

    雨の日に走ることは悪いことばかりじゃありません。ただ、しっかり走ったらアフターケアをギアも身体も心がけて楽しみたいですね。

    この記事を最後まで読んでくれたアナタへオススメ記事

    ランニング × 朝時間

    早朝ランニングは体に悪い?朝ジョギングをオススメしたい必読の効果と楽しく継続するためのたったひとつのコツ。

    早朝ランニングは体に悪い?朝ジョギングをオススメしたい必読の効果と楽しく継続するためのたったひとつのコツ。

    ランニング × 時間有効活用の神アイディア

    ランニングしながら〇〇...走る時間を有効活用する10つの神アイデア

    ランニングしながら〇〇…走る時間を有効活用する10つの神アイデアでコロナを乗り切ろう

    ランニング × 読書

    ランニングと読書」の楽しさを一度味わってしまうともう後戻りはできないかもしれません。それぐらいオススメで目からウロコのランニング体験です。より詳細とサービス登録はこちらの記事をチェック!

    「ランニングしながら読書」がオススメなこれだけのメリットとオーディオブックの神アプリAmazon「Audible」を徹底レビュー

    Please Follow us!



関連記事