toggle
2019-11-04

ランニングイヤホンとしてAirpods Pro最強説。100km以上走って実感した運動とワイヤレスAirpodsの相性の良さ。

ランニングイヤホンとしてAirpods Pro最強説。100km以上走って実感した運動とワイヤレスAirpodsの相性の良さ。

まず最初に断言します。

”Airpodsとランニングの相性は最強、ランニングライフクオリティが劇的に改善します”

2016年の12月に発売以来、Appleの大ヒット商品となったAirpods(エアーポッズ)、ランナーでもAirpodsを装着して走っている人を見かけることが多くなりました。そんなAirpodsの最上位モデルとも言える「Airpods Pro(エアーポッズプロ)」が2019年10月30日に発売されました。

Airpodsをランニング用に愛用している私としては迷わず直ぐに購入、ランニング・ジョギングのお供に使い続けています。
「Pro」と名がつく所以は「ノイズキャンセリング機能」です。形もイヤーチップが採用され今までの独自形状よりもちょっとだけ他のワイヤレスイヤホンに近づいた感じ。では、我々ランナーにとって

  • この”Pro”とつく最新モデルは最適なのか?
  • ノーマルAirpodsとどちらがランニングに向いているのか?
  • 汗などで走りながら落ちる心配は無いのか?…

などなど。100km以上走った私の実体験から、なぜ”Airpodsとランニングの相性は最強”なのかを以下にまとめていきますね。




[1] 何よりも異なるのが装着時の安心感、汗による落ちる心配も皆無。

ランナーにとってワイヤレスイヤホンで最も気になるのは「装着感」ではないでしょうか。つまり、

  • しっかり耳にフィットするか
  • ランニング中の衝撃や揺れで落ちないか
  • ランニングに集中できる違和感がないか

これはランナーならではの感覚なのではないかと思います。今までのAirpodsは良くも悪くも「耳につけるというよりも耳に乗せる」という感じ。実際ハードな動きをしないと耳から落ちることはないのですが、その落ちるかもしれないという「不安感」「不安定感」で嫌煙してきた人も多いかと思います。

それに対して、今回の「Pro」イヤーチップがついた分、耳の穴への装着感が増しました。装着時の「不安感」を感じていた人にとってはかなりのプラスになると思います。通常のAirpodsよりはるかに「落ちる」不安がなくなりました。夏場は多くの汗をかきますが、大量の汗でも特に今までのノーマルAirpodsよりはるかに落ちる心配がありません。

また、引き続きたのワイヤレスイヤフォンと比較しても装着時の「軽さ」や「手軽さ」は圧倒的に優れていますね。片耳で約5.6g、これは平均的なワイヤレスイヤフォンと比べても驚異的な軽さです。

[2] ノイズキャンセリングしたことによるワイヤレスイヤホンとしての安全性

ランナーは基本外を走りますので、ノイズキャンセリングで遮音してしまっては逆に危険が伴いますね。実際この小さなデバイスのノイズキャンセリング機能はかなり優れています。しかし、「外部音取り込みモード」がついているので安心してください。普段使いではノイズキャンセリングしつつ、ランニングの時はこちらのモードをONにすればしっかり外部音が取り込みできます。他のノイズキャンセリング付きイヤホンやヘッドフォンでも実装されている機能なのでおなじみの人はいるかもしれませんが、そのイメージで問題ありません。ランナーならではの、安全性もしっかり担保されていると言って良いですね。これも今までのノーマルAirpodsとAirpodsproとの大きな違い、進化です。

[3] Bluetooth接続時のストレスがゼロ!イヤホンとしてのiPhoneと相性の良さ

実は私がAirpodsをランニングシーンで最もおすすめしたいポイントがこちら。

iPhoneユーザーであれば、Bluetooth接続時のストレスの無さから「Airpodsシリーズ」一択だと思います。私は以前Jaybirdや他の格安ワイヤレス系イヤフォンを利用していましたが、

今すぐ走り出したいのにどうしてもうまく接続できないもたつきが最大のストレスでした。

しかし、Airpods × iPhoneならそんなストレスからは解放されます!これは長い目で見て、相当なメリットになると断言します。

[4] ジェスチャー操作やSiri(シリ)を使ってランニング中もワイヤレスで手軽に操作

聴いている音楽を止めたり、次の曲に送ったり。これはAirpodsの本体を「トンッ」とたたくだけ。いちいちスマホを出して画面で操作したり、小さいリモコン部分を操作する必要もありません。さらに音声入力のSiri「シリ」を活用すれば「**の曲をかけて!」と言うだけで曲の再生ができたり、思いついたアイディアを「**ってメモして!」とメモできたり。ハンズフリーでランニング中もノーストレスでiPhoneを操作できます。この感覚を味わったらもうAirpodsにやみつきです。

[5] 他にもランニングイヤホンとしてAirpodsProはこんなメリット

「装着感」や「安全性」がランナーにとっては重要な要素だと考えますが、その点では十分にクリアしているというのが今回のレビューの実感です。その上で、Airpods Proならではのメリットをあげると

  • 音質が前代よりも大幅アップ(あくまで実感値)
  • 引き続き接続時のストレスゼロ、接続失敗することはありません(iPhoneとの相性が抜群)

という感じでしょうか。街中をスタイリッシュに、かつ普段使いでは音質も求めるようなランナーには最適の新デバイスと言えるでしょう。

ノーマルかProか?「密閉感」で選びたいAirpodsのランニングイヤホン利用

こちらのノーマルAirpodsのレビューでも書いた通りなのですが、
Airpodsはランニングでも落ちない!? 汗や揺れの影響やどんなランナー向きなのか徹底解説
私がAirpodsをランニング用として激しくオススメしたい理由の一つが「密閉感の無さ」です。これも「ランニング中に落ちてしまうのでは無いか?」という不安感との表裏一体ですが、安心してください。落ちません(笑)。特に装着に慣れてくると、より落ちなくなります。これはもう実際に装着し続けてランニングをし続けてもらうしかありません。

ただし、その「密閉感」をランニング用イヤホンを選ぶ観点で気にしない人も多いとは思います。当然「装着の安定感」や「音質」など様々な検討項目があると思います。そういった人にとっては、Airpods Proは最強にオススメできるアイテムです。Airpodsの最大の魅力はiPhoneとの相性の良さ。Bluetooth接続でイライラすることは皆無です。故に密閉感が気にならない人なら今選ぶべきランニング・ジョギング用のワイヤレスイヤフォンは「Airpods Pro一択」と断言します

最後に|Airpodsでランニングライフクオリティが劇的改善するこれだけの理由

全ランナーが今すぐAirpodsを購入すべき理由を最後に総まとめします。

普段使いのワイヤレスイヤホンと兼ねればコスパ最強

Airpodsでランニングライフクオリティが劇的改善するこれだけの理由

Airpods Pro / Airpodsは決して安い買い物ではないので購入前に迷うのは当たり前。ただしランニング時のみならず、普段使い前提で考えてください。特に「Pro」はノイズキャンセリングによって通勤・通学や移動時の音楽、学習ツールとして無敵になりました。Airpodsの驚くような高音質をいつでもどこでも堪能できます。

世界中のユーザーが認めるAppleクオリティ

実はApple社にとって「Airpods」自体がiPhoneに継ぐ大ヒット商品となっています。それぐらいワイヤレスイヤフォン市場における総合的なクオリティが世界で認められているんですね。デザイン性に軽量性、音質や接続のスムーズさなど360度死角なしなのがAirpodsなんです。

iPhoneユーザーならワイヤレスイヤフォンとして選択肢はこれ一択

Airpodsでランニングライフクオリティが劇的改善するこれだけの理由

Apple社がiPhone専用に作ったのがAirpodsです。故に接続のスムーズさ、音声操作の「Siri(シリ)」との相性が抜群です。ランナーにとって、ランニング自体のストレス以外のストレスをいかに無くせるかは超重要な長期的ランニングハックなので、その点でにおいてもランナーでiPhoneユーザーならAirpods以外の選択肢は無いでしょう。

安かろうは悪かろう、迷ったらAirpodsで

SONYやJaybirdなど有名メーカー以外にも、インターネット経由では中国製とみられるスーパーコピーや、他の格安ワイヤレスイヤフォンをよく見かけます。私もこの5年間でいくつか試してみましたが、結局すぐ壊れてしまうんですよね…。接続がうまくいなかったり、片方が聞こえなくなったり…。そんな無駄なストレスを抱えるのは今すぐ辞めましょう。安かろうは悪かろうなんです。

軽量、高音質、オシャレ…だから日常生活の最強のパートナー

Airpodsでランニングライフクオリティが劇的改善するこれだけの理由

片耳約5.6gで軽量、なのに高機能で質感も最高。最近はマスクもオシャレなものが増えてきましたが、洋服以外に身につける「小物」は軽量でオシャレなものが最強ですね。しかも「Pro」ならノイズキャンセリング付きでAirpodsの高音質いつでもどこでも、24時間味わえる最強のパートナーを今すぐ手に入れない理由が見当たりません。

Airpods Proの購入は迷わずこちら|Airpods Proとランニング

iPhoneとのBluetooth接続の相性(ストレスフリー)や音質・遮音などの機能性で言えばイマドキのランニングにおいてワイヤレスイヤフォンは「Airpods Pro一択」と断言して良いでしょう。大好きな音楽とストレスフリーで一体となって走るこの感覚は一度味わったらもう二度と戻れませんよ。

Airpods Pro本体

出展:https://www.amazon.co.jp/

Apple公式では基本割引はありませんが、AmazonやRakutenなら5%〜(¥1500程度)OFFの公式商品をゲットできちゃいます。

Airpods/Proのマスト追加アイテム

Airpods/Airpods ProにはiPhoneのケースと同様に様々なメーカーから様々なアイテムがリリースされています。Airpodsとランニングをもっと楽しくするアイテムを紹介しますね。

Airpods用シリコンイヤーカバー

先ほども書きましたがAirpodsは慣れないと落ちてしまう不安感でなかなかランニングに集中することができません。そんな人におすすめなのがこのいやーチップ的なカバーです。特にランナーならではでいうと「汗」ですね。ゴム素材のカバーによる密着度のupで安心して走れます。Aidrpods Proでなくても良い、ノイズキャンセリングはいらないというランナーさんはAirpodsとこのカバーをセットで購入することをお勧めします。

やっぱり私が一押しするAirpods(ノーマル)の詳細レビューはこちらの記事も参考にしてくださいね。
Airpodsがランニングで落ちてしまう(不安な)人のための劇的な改善方法

出展:https://www.amazon.co.jp/

Airpodsをランニングで使用した詳細レビュー記事

過去のAirpodsのランニングシーンでの利用に関するレビュー記事はこちらをご参照ください。

Airpodsはランニングでも落ちない!? 汗や揺れの影響やどんなランナー向きなのか徹底解説

カジュアルにランニングを楽しむ、スタイルとしても楽しむランナーには最適なアイテムだと思います。

合わせて読みたい「ランニング×音楽」記事

ランニングが10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【Amazon Music編】

ランニング中のテンションを爆アゲする音楽/音声系アプリ珠玉の3つ

絶対オススメ|「Airpods Pro × ランニング読書」が辞められない理由

在宅ワークの増加により通勤時間が減り、運動のみならず「読書」の時間が減った人も多いのでは。そんな「運動」と「読書」を一気に解消できるのが「ランニングしながら読書」です。

【注意】ランニング中に音楽を聴くのも最高に楽しいですが、走りながら「読書」ができちゃう新感覚を味わうと、もう後戻りできません。

話題の新書も含めて大量の朗読(機械ではなく人の朗読で違和感ゼロ!)コンテンツが揃っているのはAmazonならでは。故に「ランニング × Airpods × 読書(Audible)」は最強です。より詳細なレビューはこちらをぜひ読んでみてください。

「ランニングしながら読書」が最強なこれだけの理由とオーディオブックの神アプリAmazon「Audible」を徹底レビューします

Amazonが提供する書籍の朗読サービス「Audible」なら30日間の無料体験ができます(無料期間に解約すれば課金は発生しません)。コンテンツが納得いかなければ返品もできます。まずは今すぐ無料登録してAirpodsとともにランニングの効果を最大限味わいましょう!

↓↓↓ 30日間は無料、いつでも解約可能 ↓↓↓

Amazon|Audible公式サイト誘導ボタン

Please Follow us!



関連記事