toggle
2019-12-11

防寒/防水ランニングシューズ3選で寒がりランナーも冬や雨のランニングを乗り切ろう

防寒ランニングシューズ

12月に入り、ランナーにとっては寒く辛い季節になってきましたね。特に朝早く、夜遅くのランニングは寒さも厳しく、ただでさえランニングへ向かう気合をいれるのが大変な時に、せめてランナーのお供となるランニングシューズは暖かさを担保してくれるものを選びたいという人も少なくないのではないかと思います。そこで、今回はそんな「寒がりランナー」のために寒さに強い、防寒対策となるようなランニングシューズをいくつかご紹介しますね。




防寒ランニングシューズ選定のポイント

まず「防寒」となるようなランニングシューズはどのような基準で選んだり、探したりすれば良いでしょうか。当然ランニングシューズメーカーやシューズのモデルごとに薄め、厚めなど選定の基準はあります。そこでキーポイントとなるのが「通気性」です。ランニングシューズは当然運動用のシューズなので発汗などによる通気性を考慮しています。その通気性が、良くも悪くも犠牲になりがちなシューズは「防水シューズ」なんですよね。最近は各社から雨の日でも安心してランニングを楽しんだりトレーニングができるように防水のランニングシューズが発売されています。「GORE-TEX(ゴアテックス)」という名前を聞いたことがあるランナーさんもいるかもしれませんが、これも最高級の防水性を誇る技術(ブランド)の名前だったりします。そこで数ある防水シューズの中でもオススメの最新防水(=防寒)シューズを紹介していきます。

NIKE|ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールド

ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールド

NIKEのランニングシューズの中でも現在絶大な人気を誇るいわゆる「厚底シリーズ」の「ズーム」系シューズ。その中でも人気の高い「ペガサス ターボ」にNIKEの全天候対応型「シールド」の冠を配したシューズが発売されました。
何と言っても注目したいのは「ハイカット」かつ「ジップ」タイプであること。ランニングシューズはローカットやミドルカットが主流ですが、防水性を最大限高めるためにあえて「ハイカット」にし、さらに雨風を避けるための密閉性を高めるためにシューレース(いわゆる靴紐)の代わりにジップアップでの装着となっています。さらにさすがNIKEだけあってデザイン性もバッチリ。雨の日の普段履きはもちろん、寒い日のランニングにも最適の一足です。

ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールド

NIKEオンラインサイトへ

On|クラウド ウォータープルーフ

On|クラウド ウォータープルーフ

日本でも人気急上昇中のオシャレでクールなスイスのランニングメーカー「On」の大人気定番モデル「Cloud(クラウド)」に防水機能を持たせた鉄板のランニングシューズ。通常のCloudに比べやはりアッパーが厚めにできていて当然防水性がバッチリ。故に防風性が高いので寒い日でも足元を暖かく守ってくれます。カラーもシンプルなオールブラック系など、普段履きでも使えるのが嬉しい一足。

On|クラウド ウォータープルーフ

Onオンラインサイトへ

adidas|テレックストレースロッカー

出展:https://www.amazon.co.jp/
最後に紹介するのはGORE-TEX(ゴアテックス)を採用したadidas(アディダス)のトレイルランニングシューズ。トレラン用のシューズですがいわゆるソールのゴツさも少なくロードでも走れます。また、前に紹介した2つと比べると価格もリーズナブルなので寒い日の用のランニングシューズとして予備で持っておくといった活用の仕方もできると思います。

出展:https://www.amazon.co.jp/

番外編|ランニングソックスで防寒対策

防水/防寒のランニングシューズを購入するほどじゃないけど、手軽に足元の寒さ対策をしたい。。。そんなランナーさんにオススメはランニングソックスを厚手のものにすること。でもユニクロのヒートテック靴下とか、分厚い登山ようのソックスとか、履き慣れたランニングシューズに合わないことも多いですよね。せっかくだったらランニング用のソックスで、ちょっと厚手のものを。そんなランナーさんにオススメなのが5本指ソックスでは世界でかなりのシェアを誇る「injinji(インジンジ)」のランニングソックス。

出展:https://www.amazon.co.jp/

Please Follow us!



関連記事