toggle
2020-07-07

2020年秋にAirpodsが進化予定!ランニングシーンでどんなメリットがありそうか

2020年秋にAirpodsが進化予定!ランニングシーンでどんなメリットがありそうか

2020年新モデル発売が噂されていたAirpodsシリーズですが、まず確実となったのはOS(オペレーティングシステム)のアップデートによる新機能の強化です。

Appleは毎年WWDCという開発者向けのカンファレンスを行なっていますが、先月末に開催されたこのイベントでAppleの新しいOSとそれに伴いAirpodsの新機能も発表されたので簡単にご紹介しますね!




1. 端末間の自動切り替え機能

パソコンとiPhoneなど、複数のデバイスを頻繁に切り替える人には重宝する機能ですね。

AirPodsを装着したまま日常生活を送る人も少なく無いと思います。何よりも装着の違和感が少ないのがAirpods最大魅力。そんなシーンでiPhoneで音楽を聴きながらランニング、帰ってきてiPadでクールダウンストレッチを観る。そんなシーンでも自動切り替えでスムーズに端末間の移行ができるようです。楽しみですね!

2. 「空間オーディオ」によってAirpods Proのクオリティが格段にアップ

ハイエンドモデルAirPods Proにおいて「空間オーディオ」という新機能が適応に。前後左右から音が聴こえてくるように感じられるようになるそうで、これはAirPods Proに内蔵された加速度センサー/ジャイロセンサーで顔の向きや動きを認識、身体が頭が動いても自動補正してくれる優れた機能です。

ランニングシーンでは音質アップによる恩恵は少ないかもしれませんが、室内でのトレーニングの際にモチベーションアップとして重宝するかもしれませんね。

Airpods新モデルの発表は未定

今回は開発者向けのカンファレンスだったため、発表内容はいわゆるソフトウェアのみ。新しいハード(デバイス)の発表が待たれますね!

Airpodsに関する記事

Airpods Proはランニング用として最強。100km以上走って実感した運動とAirpodsシリーズの相性の良さ。

Airpods Proはランニング用として最強。100km以上走って実感した運動とAirpodsシリーズの相性の良さ。

Airpodsはランニングでも落ちる!? 汗や揺れの影響を毎日ランニングして徹底検証した完全レビュー

Airpodsはランニングでも落ちない!? 汗や揺れの影響やどんなランナー向きなのか徹底解説

カジュアルにランニングを楽しむ、スタイルとしても楽しむランナーには最適なアイテムだと思います。

合わせて読みたい「ランニング×音楽」記事

ランニングに10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【Amazon Music編】

ランニングが10倍気持ちよくなるJ-POPプレイリスト【Amazon Music編】

ランニング中のテンションを爆アゲする音楽/音声系アプリ珠玉の3つ

ランニング中のテンションを爆アゲする音楽/音声系アプリ珠玉の3つ

「Airpods × ランニング読書」が辞められない理由

在宅ワークの増加により通勤時間が減り、運動のみならず「読書」の時間が減った人も多いのでは。そんな「運動」と「読書」を一気に解消できるのが「ランニングしながら読書」です。

【注意】ランニング中に音楽を聴くのも最高に楽しいですが、走りながら「読書」ができちゃう新感覚を味わうと、もう後戻りできません。

話題の新書も含めて大量の朗読(機械ではなく人の朗読で違和感ゼロ!)コンテンツが揃っているのはAmazonならでは。故に「ランニング × Airpods × 読書(Audible)」は最強です。より詳細なレビューはこちらをぜひ読んでみてください。

「ランニングしながら読書」が最強なこれだけの理由とオーディオブックの神アプリAmazon「Audible」を徹底レビューします

Amazonが提供する書籍の朗読サービス「Audible」なら30日間の無料体験ができます(無料期間に解約すれば課金は発生しません)。コンテンツが納得いかなければ返品もできます。まずは今すぐ無料登録してAirpodsとともにランニングの効果を最大限味わいましょう!

↓↓↓ 30日間は無料、いつでも解約可能 ↓↓↓

Amazon|Audible公式サイト誘導ボタン

Please Follow us!



関連記事